ページ

2019年6月17日月曜日

6月15日の朝日新聞でベロヴァー『湖』書評しました

2019年6月15日の朝日新聞朝刊書評欄でビアンカ・ベロヴァー『湖』(阿部賢一訳、河出書房新社)を書評しました。
https://book.asahi.com/article/12456338
ここで全文を読むことができます。
暴力的な世界を子供がたった一人で生き抜き成長していくお話です。クンデラのお洒落小説でも、フラバルの面白小説でもないベロヴァーのひたすらリアル小説は、チェコ文学のもう一つの流れを教えてくれます。
こういうのを訳してくれる阿部賢一さんは本当にすごい人たと思いました。

2019年6月2日日曜日

連載エッセイ『街と小説』国立編、大岡昇平編書きました

連載エッセイ『街と小説』国立編、大岡昇平編書きました。
http://rittorsha.jp/column/2019/05/6-2.html
大岡昇平の『武蔵野夫人』は有名な作品ですが、実際に読んでみると奇妙な点が多いです。登場人物の二人が恋に落ちるのが「恋ヶ窪」という場所だし、ビルマ戦線から帰って来た青年はデート中も常に地形を気にして、今攻撃されたとしてどう逃げたら生き残れるかばかり考えているし。今回のエッセイではこうした過剰な部分を中心に書いてみました。

6月1日の朝日新聞でミヤギフトシ『ディスタント』書評しました

2019年6月1日の朝日新聞朝刊書評欄でミヤギフトシさんの『ディスタント』(河出書房新社)を書評しました。
https://book.asahi.com/article/12417451
ミヤギさんとは以前、イベントでご一緒したのですが、シャイで繊細なお人柄が魅力的な方でした。アーティストとして作品を作りながら、こんなにも詩的な小説を書いてしまうとは。とにかく綴られている愛が切ないです。おすすめ。

2019年5月29日水曜日

6月11日に寺尾紗穂さんと対談をします

2019年6月11日に寺尾紗穂さんと対談をします。
https://www.jimbocho-book.jp/917/
場所は神保町ブックセンターで、時間は19時から、入場料は前売りで1500円です。
内容ですが、寺尾さんの最新刊『彗星の孤独』を出発点に、今までの著作や音楽活動など幅広く話したいと思っております。ご興味があれば。

2019年5月23日木曜日

5月18日の朝日新聞で中原昌也『パートタイム・デスライフ』書評しました

2019年5月18日の朝日新聞朝刊書評欄で中原昌也『パートタイム・デスライフ』(河出書房新社)を書評しました。
https://book.asahi.com/article/12378350
ここで全文を読むことができます。
在り来たりの表現をサンプリングしながら誰も見たことのない作品を作る、という中原昌也独自の手法が冴え渡っています。初めて読むと当惑するかも知れませんが、だんだんとこの世界観が気持ちよくなってくると思います。個人的にはハシビロコウのくだりが大好き。

2019年5月9日木曜日

『ミセス』でアメリカ文学4冊選びました

『ミセス』2019年6月号でアメリカ文学の作品を4冊選びました。タイトルは「知識ゼロの人でも絶対面白いアメリカ文学」です。
https://mrsplus.net/
選んだ本は以下のとおりです。

F・スコット・フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』
アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』
ポール・オースター『幽霊たち』
ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』

ご興味があれば。

サイト『読書の達人』で恋愛相談しました

ライブドアニュースの『読書の達人』というサイトで、文学作品について語りながら恋愛相談に答えています。
http://news.livedoor.com/article/detail/16421542/
タイトルは「恋愛相談としての読書」です。
言及した文学作品は以下の5冊です。

吉田篤弘『おるもすと』
松家仁之『優雅なのかどうか、わからない』
カズオ・イシグロ『日の名残り』
谷崎潤一郎『痴人の愛』
イサベル・アジェンデ『日本人の恋びと』

恋愛相談なんてできるかな、と思いましたが、途中でいくらでも答えられる自分に気づきました。ご興味があれば。